うっちゃん
小学校のころ将棋倶楽部だった、ぼくです!

どうも、キャンプスマイルのうっちゃんです!

今回紹介するのは、これからキャンプをはじめようと考えている方に向けてのテント選びについてである。

テント選びって迷いますよね。高い買い物なので失敗したくない。

衝動買いして、倉庫に眠っているテントってありますよね?キャンパーの8割以上は眠ったテントを持っているんじゃないでしょうか?

そんな訳で何を基準に選べばいいのか考えていきましょう。

ぼくの一番重要視するポイント!

奥さんからOKサインもらうこと。これ重要!一緒に選びましょう。

キャンプのテントの選び方は?

では、細かくテント選びで外せないポイントを一緒に考えてみましょう。

  1. 大きさと人数
  2. 建てやすさ(かんたんなモデルがいい)
  3. 収納サイズ(運搬のしやすさ)
  4. キャンプのスタイルに合わせた色・形状など

大きさと人数

メーカー推奨値より-1人で考えましょう!

例)6人用テントなら、5人で使用。

イメージはコールマンタフワイドドーム

タフワイドドームの室内イメージ

室内サイズは約 横300㎝×縦300㎝。

「最大6人までは入れます。」という設計です。

目安として大人1人のスペースとして、横70㎝×縦200cmの床面積を考えておくといい。

成人男性の肩幅が大体40㎝前後として、寝袋を入れると約50㎝のスペースが必要。

それに、寝返りなど考えると20㎝ほどスペースを取ったほうが快適。

そういった理由を含めて、50㎝+20㎝で1人あたり、横70㎝あればという計算。

  • 4名で寝る場合に必要な幅=横70㎝×4名=280㎝

ヨシ、8人で使うから10人用の大型テントを買おう!

うっちゃん
ちょっと待って!

あまり大きなテントを買うと、小グループで使う時に使い勝手が悪くなります。それなら、テントを2つ用意するなどの対応のほうが使い勝手がいい場合があります。よく考えて購入しましょう。

利用人数について
テント選びで最も重要視するのが利用人数。テントに表記されている〇人用というのはJIS規格に準拠したものだが、目安として大人1人当たり70㎝×200cmの床面積を考えておくといい。荷物などテント内に置くことも考えれば、メーカー発表の利用人数より1人少な目でテント選びすることをおすすめする。また、テントの形状によって床面積が同じでも、内部空間の広さは異なる点も覚えておこう。天井が高く丈夫に広がりのあるほうが当然快適なのだが、そうなると風に弱くなるというデメリットもある。

建てやすさ

男性がテントであれども居住スペースを建てる姿はカッコいいものです。また、家族や仲間と協力してテントを設営するのはキャンプの楽しみのひとつですね。

おすすめモデル1。

先ほど紹介した、コールマンタフワイドドーム

コールマンテント

はじめてテントを設営する人にも親切なつくりになっていて、初心者でも立てやすいと好評です。日本で一番選ばれているドーム型テントですね。建てやすさの秘訣は、アシストクリップというひとりでも設営可能にした、ポールを支えるクリップが付いております。室内は185㎝あるので大人が立って入れるほど広々としております。

タフワイドドーム(300×300cm、メーカー推奨5~6名用)くらいまでのサイズが初心者でも説明書を見ながら建てられる設計になっております。

これ以上、大きなテントになると構成が複雑になっていたりするので、はじめてテントを建てる方にはおすすめできません。

おすすめモデル2。

スノーピークのヴォールト

このモデルもはじめてテントを設営する方に親切な設計になっております。

スノーピークのヴォールトとチェア ヴォールトのポール差し込み

ポールを通すところにポールの色と同じ色のタグが付いているので、どこにどのポールを刺せばいいのか一目瞭然です。

テントの設営やタープの設営すべてに言えるを以下にまとめました。

  1. 説明書を一読しておく!
  2. 動画を見ておく!
  3. イメージトレーニング!
うっちゃん
メーカー発表で1人でも設営できます!といった文言は、1人でも出来ますが、初心者の方はやっぱり2人以上でやるほうがいいです。それに、キャンプってチームワークを高めるアウトドア。みんなで協力してやりましょう!

収納サイズ(運搬のしやすさ)

キャンプに行く場所やスタイルによって、テント選びも変わってきます。

「車で行くオートキャンプ」「山に担いで持っていく、登山キャンプ」「野外フェスティバル」など。

キャンプ場から、キャンプサイトまで歩いてもっていかなければいけない場所では重さが20㎏を超えるようなテントだと設営する前から疲れちゃいますよね。一輪車やカートがあれば、運ぶのも容易になりますが、その分荷物も増えますしね。

なので、最初は車をキャンプサイトまで乗り入れ出来るオートキャンプ場の利用「区画サイト」をおすすめします。

それであれば、あまり重量は気にすることなくテントを運ぶことができますね。

うっちゃん
キャンプスマイルなら、キャンプ場まで直接宅配出来ます。かさばる荷物などは気軽にレンタルもお試しください!

キャンプのスタイルに合わせた色・形状など

キャンプで一番大切なことは道具選びでなく、家族みんなが楽しむためのもの。なので、テントはこの形でないといけない、キャンプはこのスタイルでないとダメといった考えではなく、自分の好みに合うものを探しましょう。

コールマンタフワイドドーム

ドーム型テント:キャンパー所有率、約6割を占める形。人気の秘密は建てやすさ。

ティピー型テント

ティピー型テント:フェス利用なんかにおしゃれで向いてます。建てかたも簡単なので、初心者にもおすすめ。

ヴォールトの写真

トンネル型:通称かまぼこテント、前後のファスナーを開ければ中はトンネルの形をしております。アウトフレーム構造になっているので、シェルターとしても使える万能モデル。

いままでのテント選びの基準を参考に自分の好みに合った「これだ!」というテントを探してください。

とはいっても、なかなか自分に合ったテントを見つけるのは難しいこと。なので、是非レンタルも活用してみてください。

まとめ

  1. 大きさと人数(メーカー推奨値より-1人で考える)
  2. 建てやすさ(かんたんなモデルがいい)
  3. 収納サイズ(オートキャンプならそこまで重さは考えなくていい)
  4. キャンプのスタイルに合わせた色・形状など(自分の好み合ったもの)

ランキング

さて、参考までにファミリーキャンプやこれからキャンプを始めようとする方に、最も使いやすいモデルとしておすすめする3つを紹介しよう!

3位 エクスカーションティピー/325

コールマンエクスカーションティピー

 

特徴

  • ワンポールテント
  • 設営が簡単
  • おしゃれ、スタイリッシュ

フェス利用から3人家族のファミリーキャンプまで手軽にキャンプ泊を楽しめます。

2位 タフワイドドーム300ex

タフワイドドーム300ex

出典:Amazon

特徴

  • 高さ185cmの広い室内
  • ファミリーキャンプ5人くらい
  • キャンプ場で被ることが多い
  • 世界的ブランドコールマン製品

日本でいちばん選ばれているドーム型テント。そのゆえキャンプ場で被ることが多い。

1位 エントリーパックTT

エントリーパックTTと子供

特徴

  • ファミリーキャンプ4人まで
  • アウターシェル単体で使える
  • 小川張りがかんたんに出来る
  • アメニティドームと同じ生地

スノーピークの大ベストセラーは今までは「アメド」でしたが、この先このエントリーパックTTが新たな定番になると予想します。人気化する予想は、異彩を放つフォルム、そして高機能であるが、うれしい価格設定。まさにスノーピーク渾身の作品。

以上、これからキャンプを始める方のテント選びのご参考になれば幸いです。

キャンプスマイルでは、さまざまなテントやキャンプ用品をレンタルしてます。

ネットで全国どこでも宅配レンタル。24時間受付しているので、気軽に覗いてみて下さい。

テントレンタル出来ますよ!

キャンプスマイルバナー

 


アメニティドーム

シェアしてもらえると喜びます!

うっちゃんがオーナーのレンタルショップ!

キャンプって楽しいですよね♪

テントやタープを設営してみんなが過ごす場所を作り、食べ物をその場で調理して食べる。普段の生活なら、便利なツールがありますが、キャンプのなかではひとつひとつ「生活」を作っていかないといけません。

いざキャンプを始めようと思っても道具は高いし、何をそろえていいのか分からない、片付けも面倒といったことから、あきらめている方が多いと思います。

忙しいお母さん、お父さんのために、キャンプを始めようとした時に、まずハードルになる道具についての心配と、保管やメンテナンスの面倒、レンタル品の不安を無くす。

そんな、キャンプに行く前からの不安、悩みを無くしたい思いもあり、この事業を始めました。キャンプに行くハードルを下げ、家族と一緒に素敵な時間を120%お楽しみください!

いつもの生活より少し手間はかかるけど、親も子ものびのび過ごし、キャンプを通して家族で素敵な時間を共有してもらうためのサポート役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

うっちゃんです。本名(宇都宮 岳尚)1983年生まれ。キャンプ用品レンタルショップ「キャンプスマイル」のオーナー。こどものころ、スイカの早食い少年として、志村けんより恐れられていた!持物:妻1人、子供2人。