うっちゃん
ランタンより明るいわたしです!

どうも、キャンプスマイルのウッチャンです。

キャンプに行ってバーベキュー。

僕ってせっかちなので焼けてない肉を食って食中毒になったことがあります。暗い中でのバーベキューって肉が焼けてるかどうか分からないんですよね。そんな経験ありませんか?

そこで、今回はキャンプサイトで必要になるランタンについて何個あればいいのか考えてみましょう。

キャンプ場でのランタン使用

ランタンはいくつ必要なのか?

1つより2つ、2つより3つ、当然多いほうがキャンプサイトも明るく快適に過ごせますが、その分荷物も多くなり邪魔になりますよね。

理想は3つです!

その理由と、配置場所を見ていきましょう。

ランタンの役割と配置場所

  1. メインランタン
  2. サブランタン
  3. テーブルランタン

メインランタン、キャンプサイト全体を照らす光量の大きなものが良い。

キャンプサイトのランタン

サブランタン、メインランタンを補助するランタンでサイト内の影を少なくする役割。

テーブルランタン、テーブルに置ける小型ランタン。食事の際や談話するのに便利。また、寝る際にテント内に持ち込めるタイプが良い。

テーブルランタン

メインランタンの配置場所

テントサイトの端っこに配置するのがベスト。

光量が多く虫が寄ってくるため、活動スペース中心に置くと虫たちと共に過ごすことになります。そういったことで虫を遠ざける意味も含め、キャンプサイトの端っこに配置します。

メインランタンを選ぶポイントとして、光量の大きいタイプを選びましょう。

サブランタンの配置場所

メインランタンの反対サイドに配置します。挟み込むように照らすことにより全体の影が少なくなり、テントサイトを広く照らすのが役目です。

テーブルランタンの配置場所

テーブルに配置。トイレや、ちょっと探検に行くのに持ち運びが便利な小型のLEDタイプが向いてるといえるでしょう。また、テント内ランタンとして使えるモデルが良い。

レイアウトで気を付けるポイント

  1. 複数のランタンで影を消す
  2. 全体的に広がる明かりがいい

理想のランタンの数が3つの理由はここにあります。一つだといくら明るいランタンでも影が出てしまいます。影をなくすことによりサイト全体が明るく感じます。

ランタンの種類

ランタンにも大きく分けると3種類あります。

  • ガソリンランタン
  • ガスランタン
  • LEDランタン

それぞれ、メリット・デメリットがあります。詳しくは別のブログで紹介します。

おすすめは初心者でも扱いやすいLEDランタン。やけどの心配もないので、特にこどものいるファミリーキャンプではLEDランタンを選ぶことをおすすめします。

まとめ

  • 理想は3つ用意
  • 影を極力なくす
  • 配置に気を付ける

キャンプの夜を快適に過ごすためランタンは必須アイテムです。都会と違ってキャンプ場の夜は真っ暗。

そんな夜も焚火を囲ってお酒を飲みながら、星空を眺めると普段とは違った時間を楽しめます♪

素敵なキャンプ生活を送りましょう。

キャンプ場星空


キャンプ場でのランタン使用

シェアしてもらえると喜びます!

うっちゃんがオーナーのレンタルショップ!

キャンプって楽しいですよね♪

テントやタープを設営してみんなが過ごす場所を作り、食べ物をその場で調理して食べる。普段の生活なら、便利なツールがありますが、キャンプのなかではひとつひとつ「生活」を作っていかないといけません。

いざキャンプを始めようと思っても道具は高いし、何をそろえていいのか分からない、片付けも面倒といったことから、あきらめている方が多いと思います。

忙しいお母さん、お父さんのために、キャンプを始めようとした時に、まずハードルになる道具についての心配と、保管やメンテナンスの面倒、レンタル品の不安を無くす。

そんな、キャンプに行く前からの不安、悩みを無くしたい思いもあり、この事業を始めました。キャンプに行くハードルを下げ、家族と一緒に素敵な時間を120%お楽しみください!

いつもの生活より少し手間はかかるけど、親も子ものびのび過ごし、キャンプを通して家族で素敵な時間を共有してもらうためのサポート役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

うっちゃんです。本名(宇都宮 岳尚)1983年34歳。 9年務めた、アウトドア会社を退職。34歳にしてレンタルショップ「キャンプスマイル」をオープン。子供のころ、スイカの早食い少年として、志村けんより恐れられていた!持物:妻1人、子供2人。