うっちゃん
サバはノルウェー産を選ぶわたしです!

どうも、キャンプ用品レンタルショップ「キャンプスマイル」のうっちゃんです!

キャンプしたいけど道具が無い!そんな時に便利なのがキャンプ用品レンタルサービス。

買うより安く済ませることが出来ます。では、実際どのくらいかかるのか?

キャンプ道具揃えるのにいくらかかる?

キャンプ用品のレンタル道具一式
4人分購入レンタル
テント30,000円6,000円
マットセット15,000円2,000円
タープ20,000円4,000円
テーブル・チェア30,000円6,000円
寝袋20,000円5,000円
ランタン5,000円1,000円
合計120,000円24,000円

 

結論から

上記の通り、年に1、2回しか行かない方は、断然レンタルの方がお得。

 

一般的に必要とされるキャンプ道具一式を見積もってみた。レンタルの場合、約5分の1の価格でキャンプを楽しめるといえる。なら、5回以上行けば元が取れるのだろうか。

 

答えはNO!

購入して所有すると、メンテナンスや保管場所といった管理コストが掛かってくる。それに比べてレンタルなら、メンテナンス、清掃不要で返却OK。マンションやアパート住まいの方も保管場所に悩まなくて済む。

 

わたしは絶対キャンプを続ける!そう意気込んで購入しても・・・

テントなどの大物は一度購入してしまうと簡単に買い替えが難しい。自分に合ったテント選びって、家を買うのと一緒で、住んでみないと分からないもの。

 

90%以上のキャンパーが経験しているだろう失敗・・・

倉庫に眠ったキャンプ用品。リサイクルショップでただ同然で売却する羽目になるテント。そんな経験を踏んで、自分に合ったテントを見つけ出しているのだ。

 

それが賢いテント選びだろうか・・・

もっと手軽に賢くキャンプを楽しむためにレンタルサービスがある。

テントの寿命は?

家と一緒でキャンプ用品、テントにも寿命がある。

テントの寿命 約4~5年

短いと感じるだろうか?長いと感じるだろうか?

メンテナンス、保管状態、使用頻度によって耐用年数は異なる。

一概に何年持つとは言えないが上記の耐用年数は目安にしてほしい。

ここで一つ考えて欲しい・・・

年に一度しか使わないテントでも5年で買い替えが来る。

(一番はシームテープが劣化していく為、そこから雨漏れが起きる)

単純計算で年に一度の利用だと、5回利用して終わりの計算となる。

果たして、購入した方が得だったといえるのか・・・レンタルしていろいろなタイプのキャンプ用品を試した方が圧倒的にお得な上、なんと言っても最大のメリットは、メンテナンス不要。

あの面倒なテントの乾燥や保管場所を気にしなくていい。

キャンプ場レンタルとネット宅配レンタル比較

キャンプ場でのレンタルとネット宅配レンタルの違いって何だろう?

キャンプ場で借りる方が、返却の手間や送料もかからないし楽。

だが、ネット宅配レンタルにはキャンプ場ではないメリットが存在する。

キャンプ場でレンタルのメリット・デメリット

キャンプ場風景
  • レンタルの受け渡しが楽
  • 送料が掛からないため比較的安価
  • 設営で困っても、現地スタッフに直接話を聞ける
  • レンタルしていないキャンプ場あり
  • 事前にレンタル予約対応していないところもあり
  • どんなテントか分かりにくい(HPなど情報少ない)

 

ネット宅配レンタルのメリット・デメリット

宅配レンタル
  • 好きな商品を選べる
  • 事前にキャンプ用品を確保できる
  • ネット上に写真がアップしている(想像しやすい)
  • 好きな場所に配送してくれる。(キャンプ場直送すれば楽)
  • 送料が掛かるため、キャンプ場レンタルより割高

 

好きな時、好きな場所に届けてくれるのが宅配レンタルのメリット。

まったくの初めての方は、キャンプ用品のレンタル設備がそろったキャンプ場を選び、現地のスタッフにいろいろ話を聞きながらキャンプを始めるのがいいだろう。

ネット宅配レンタルは、試して見たいキャンプ用品や、レンタルしていないキャンプ場に行きたい場合に適している。

ネットレンタルの注意点・ポイント

  1. 送料が掛かるか?
  2. 破損時の弁償金は?

ネット宅配レンタルで注意する点は2点。

やはり1番のネックは送料だろう。特に大型のテント類は往復送料2,000円~3,000円前後が相場。ネット予約する際は、商品価格だけでなく送料も確認しよう。

 

そして、壊した場合の弁償金。

通常の使用の範囲でのキズや汚れは弁償金は請求されないケースが多いが、それ以外の場合は請求されることがある。

そんな時に、保険料を支払うことで弁償金として充てることが出来る。保険代が含まれているか?いないかも確認しておこう。

うっちゃん
自動車保険と同様、万が一のためにも保険の有無を確認し、使う前からの不安を無くしてキャンプを楽しもう!

まとめ

  • 年に1,2回のキャンプならレンタルがお得
  • 所有すると保管場所やメンテナンスなど目に見えないコストが掛かる
  • 時間を有効活用したい方に最適
  • 大型商品特にテント類はレンタルが絶対お得
  • レンタル保険の有無

 

キャンプ初心者だけに限らず、経験者こそうまく活用しているのがレンタルサービスです。

キャンプしてみたい方は是非、レンタルサービスを活用してキャンプを楽しんでください。

キャンプスマイルバナー


キャンプ用品のレンタル道具一式

シェアしてもらえると喜びます!

うっちゃんがオーナーのレンタルショップ!

キャンプって楽しいですよね♪

テントやタープを設営してみんなが過ごす場所を作り、食べ物をその場で調理して食べる。普段の生活なら、便利なツールがありますが、キャンプのなかではひとつひとつ「生活」を作っていかないといけません。

いざキャンプを始めようと思っても道具は高いし、何をそろえていいのか分からない、片付けも面倒といったことから、あきらめている方が多いと思います。

忙しいお母さん、お父さんのために、キャンプを始めようとした時に、まずハードルになる道具についての心配と、保管やメンテナンスの面倒、レンタル品の不安を無くす。

そんな、キャンプに行く前からの不安、悩みを無くしたい思いもあり、この事業を始めました。キャンプに行くハードルを下げ、家族と一緒に素敵な時間を120%お楽しみください!

いつもの生活より少し手間はかかるけど、親も子ものびのび過ごし、キャンプを通して家族で素敵な時間を共有してもらうためのサポート役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

うっちゃんです。本名(宇都宮 岳尚)1983年生まれ。キャンプ用品レンタルショップ「キャンプスマイル」のオーナー。こどものころ、スイカの早食い少年として、志村けんより恐れられていた!持物:妻1人、子供2人。