うっちゃん
どうも、ぼくです!

キャンプに行って一番、重要視するのって何?と聞くとやっぱり寝床。そんな寝床を快適にするアイテムがエアーマットなどの布団でいう敷布団。キャンプに行って遊び疲れた体を回復させてくれるのが睡眠。睡眠の質によって翌日が快適に過ごせるかどうか決まります!そんな訳で、今回はおすすめのエアマットをご紹介!我が家のエアマットもすべて、このハイランダースエードインフレーターマットに変更する予定です。

ハイランダーって?

ハイランダー

ハイランダーって?ナチュラムのオリジナルブランド。アウトドア用品やフィッシング用品を取り扱うネットショップです!楽天やアマゾンにも出店されてますね。非常に良心的な価格と高品質で人気があります。

金額・レビュー

ハイランダーインフレーターマット、レビュー

総合評価4.4と高評価!

3,980円税込み!2018年3月。

入荷しては直ぐに売り切れる人気商品です。今回は運よく入荷後、即ゲット出来ました!気になる方は楽天やアマゾンでお気に入り登録しておけば入荷後連絡が入るよ!

使い方

では、実際に使ってみたので写真を含め感想を残したいと思います。

ハイランダースエードインフレーターマット

エアマットにしては意外と大きいが、車に積み込んでいくキャンプには問題なし!バックパッカーさんはやめておきましょう。

ハイランダースエードインフレーターマット

まずは、足元にあるバルブをオープン。これだけで10分もすれば自動的に空気が入ります。もちろん固さ調整ができます。自動膨張機能はそこまでいっぱいに空気が入らないので、固めが好みの方は口で吹き込みましょう!

ハイランダースエードインフレーターマット ハイランダースエードインフレーターマット

枕部分裏に、もう一つ空気を入れる弁があります。こちらは自動ではないので膨らます必要あり。自分の好みの大きさに膨らみましょう。

P3291097

はい、完成。

収納方法

 

ハイランダースエードインフレーターマット

まずは、まくらのエアーを完全に抜きましょう!2重の弁になっているので、一番下の弁を開放すれば簡単に空気が抜けます。

ハイランダーインフレーターマット

足元の弁を開放しましょう!

ハイランダースエードインフレーターマット

枕部分を折り畳みます。

ハイランダースエードインフレーターマット

あとは、枕部分から順に写真のように体重を乗せながら丸めるとコンパクトに収納が出来ます。ぼくの場合、体重85kgあるからすごくコンパクトになりました。

デメリット

ハイランダースエードインフレーターマット

強いて言うなら、枕です。

これは個人的な意見なので、それぞれの好みがあると思います。ぼくは堅めのまくらが好きなので、どうもエアまくらに慣れません!もちろん無いよりはマシですが、この点だけ気になったポイントです。

うっちゃん
ぼくは、エア枕は使わずに下にタオルを重ねて敷いて枕代わりにしてます。
ハイランダースエードインフレーターマット

ごみが付きやすい。

写真は極端ですが、ごみが付きやすいです。スエード素材って肌触りの良い反面、こういった点は仕方ないと割り切るしかありません。まあ、手で払えばいいだけの話ですけどね。

まとめ

コスト  ★★★★★

寝心地  ★★★★★

耐久性  ★★★★

携帯性  ★★★★

18/20

総合的に価格の割にすごく使いやすいエアマットだと思います。車中泊なんかでも使えるし使用用途がキャンプだけでないって言うのもポイントですね。家のリビングで昼寝、友達が泊まりに来た時のマットとして使っている人もいるみたいですね。

補足情報

ハイランダースエードインフレーターマット

写真のようにボタンが付いているので、2個、3個と連結できます!ダブルサイズも売ってますが、正直おすすめできません。理由はダブルは収納しにくい。金額的にはシングル3,980円。ダブルで7,480円。ダブルのほうがお得ですが、我が家では使いやすさを重視してシングルを4セット購入。

おまけ

レンタル出来ますよ!

購入はこちら!


シェアしてもらえると喜びます!

うっちゃんがオーナーのレンタルショップ!

キャンプって楽しいですよね♪

テントやタープを設営してみんなが過ごす場所を作り、食べ物をその場で調理して食べる。普段の生活なら、便利なツールがありますが、キャンプのなかではひとつひとつ「生活」を作っていかないといけません。

いざキャンプを始めようと思っても道具は高いし、何をそろえていいのか分からない、片付けも面倒といったことから、あきらめている方が多いと思います。

忙しいお母さん、お父さんのために、キャンプを始めようとした時に、まずハードルになる道具についての心配と、保管やメンテナンスの面倒、レンタル品の不安を無くす。

そんな、キャンプに行く前からの不安、悩みを無くしたい思いもあり、この事業を始めました。キャンプに行くハードルを下げ、家族と一緒に素敵な時間を120%お楽しみください!

いつもの生活より少し手間はかかるけど、親も子ものびのび過ごし、キャンプを通して家族で素敵な時間を共有してもらうためのサポート役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

うっちゃんです。本名(宇都宮 岳尚)1983年生まれ。キャンプ用品レンタルショップ「キャンプスマイル」のオーナー。こどものころ、スイカの早食い少年として、志村けんより恐れられていた!持物:妻1人、子供2人。