うっちゃん
どうも、ぼくです!

今日はスノーピークの最新作を実際に使ってみたので、写真と感想を合わせて紹介!

2018年4月発売の商品。発売前から噂されていた注目のテントです。

何が注目かって?それは今までにない形「かまぼこテント」見た目がかまぼこに似ていることから、別名トンネル型テントとも呼ばれてます。

では、実際の商品を見ていきましょう!

お得に購入したい方はこちら!

エントリーパックTTの完成形

エントリーパックTTとヴォールトとは

エントリーパックTTとは、スノーピークのテントとタープがセットになった、初心者を対象としたセット商品です。

エントリーパックTTの商品画像

テントの(T)とタープの(T)頭文字をとってTTという名前が付いてます。

  • テント(ヴォールト)
  • タープ(ヘキサ型タープ)

エントリーパックTTのタープは「アメニティタープ ヘキサ Lセット」とほぼ同じ。スノーピークの社員さんに確認したところ、違いは色合いと、エントリーパックTTのタープにはコネクションテープ(小川張りセッティングテープ)が付いていること。そのため、設営のバリエーションが楽しめます。

ヴォールトは全室が広く、テントだけでもキャンプは楽しめますが、食事を外で楽しむのにタープはあったほうが良いでしょう。エントリーパックTTならテントとタープ別々で買うよりお得に購入することができます。

今までは、スノーピークの大ベストセラーは「アメニティ―ドーム」通称アメド。でしたが、これからの時代はエントリーパックTT、ヴォールトが大ブームの予感がします。すでに2018年4月の先行予約発売も完売!次回は4月下旬予定とのこと。

これからキャンプを始めようと考えている人には、超おすすめの商品です。

ヴォールト(テント)

スノーピークのヴォールト

エントリーパックTTに入っているテントはこれ「ヴォールト」

通称:かまぼこテント、トンネル型テントと呼んだりします。ドッペルギャンガーのかまぼこテントが火種となり2,3年ほど前から人気が出だした形状ですね。

ヴォールト=「アーチ状(かまぼこ型)に構成した建築構造」という意味

製品名にヴォールトとつけるあたりが面白いですね。

ヴォールトの特徴

  • 4人家族にピッタリ
  • かまぼこテント
  • 全室が広い
  • 使用用途が広い
  • 価格が安い(スノーピークにしては)
  • 性能が高い
  • 人と被らない

といった高パフォーマンスのテントです。使用用途が広いというのはテントとしても使えるし、アウターシェルとしても使えます。デイキャンプなど使いやすそうですね。

仕様・スペック

ヴォールトの説明書

ヴォールトの仕様です。

エントリーモデルといえども、アメニティドームと同じ生地でしっかりしていて、耐水圧も1,800mmあるので十分です。キャンプ場で普通に使うテントとしては全く問題ないスペックです。ご存知の通り、スノーピークの対水圧はミニマム数値である点が他社製品と違う大きなところです。

かまぼこテントの形状

ヴォールト正面 ヴォールト横から撮影 ヴォールト後ろから撮影 ヴォールト出入り口オープン

アウターシェル単体でも使えます。前方、後方両方ともに開閉出来ます。ただし、高さが無いのでローチェアなどが向いてます。下の黒いストラップはペグダウン後外すことも可能です。(開き防止のストラップです。)

うっちゃん
ストラップ外すと紛失の恐れもあるので、よっぽど邪魔にならない限り付けときましょ!
ヴォールトの全室

全室は広々とした空間、2人くらいならタープ無しでも全室のみで食事など出来そうです。

広さ・居住性

ヴォールトインナーサイズ ヴォールトの中に立つ大人 ヴォールトと寝袋

ヴォールトのサイズですが、

インナーテントのサイズ縦220×横285cm

  • 4人家族まで
  • テント内では立てない

基本的に寝るスペース専用です。テント内で着替えなどは出来ますが、広々としたテント内をお求めの方はワンポールテントやコールマンのタフワイドドームなどのほうがおすすめ。

ヴォールトの活用方法

  • テント内は寝室スペース
  • 全室は荷物置き場
  • リビングスペースはタープを活用

リビングスペースを確保するには、タープを使うのが一番。エントリーパックTTならテントとタープがセットになっているのでお得です。セットのタープは4人家族でも余裕で入れる大きさとなってます。

エントリーパックTTのタープ

エントリーパックTTの付属のタープ

タープのスペックは「アメニティータープ ヘキサL セット」とほぼ同じ。違いは若干色合いが違うのと、エントリーパックTTのタープにはコネクションテープが付いてます。コネクションテープがあることによって、小川張りができるようになります。

うっちゃん
小川張り:テントとタープの隙間を無くすことによって雨の侵入を防ぐことが出来る便利な張り方。

タープ下の広さ

エントリーパックTTのタープ下

見てください!この広々とした空間。テーブルにチェアをおいてもこのスペースを確保。エントリーパックTTは4人用ですが、タープ下は6人くらいまで快適に過ごすことができます。

値段・比較

製品対応人数価格(税抜き)
エントリーパックTT
(ヴォールト + タープ)
4人49,800円
アメニティドームS
アメニティタープ ヘキサL セット
3人54,400円
アメニティドームM
アメニティタープ ヘキサL セット
5人59,600円
アメニティドームL
アメニティタープ ヘキサL セット
6人71,600円

エントリーパックTTは、テントとタープがセットになったお得なセットです。スノーピークのエントリーモデルだと、アメニティードームとアメニティータープのセットがスノーピークの大ベストセラーでしたが、これからはエントリーパックの時代です。

エントリーパックTTは価格が安い、見た目もスタイリッシュでおしゃれ。4人家族までならヴォールトがお得です。

 設営時間について

スノーピークから動画が公開されてます。

ざっくり設営時間

  • ヴォールト設営・・・40分
  • タープ設営・・・30分

合計1時間くらいは見ておきましょう。(はじめての方はもう少し余裕を見て2時間みておきましょう)

設営手順

ヴォールトのざっくり手順

  • テントを広げる:5分
  • 3本のフレームを通す:5分
  • テントを建てる:5分
  • ペグダウン:10分
  • ロープを張り出す:15分

 

タープのざっくり手順

  • タープを広げる:5分
  • ポールを組立:5分
  • 後方よりポールをセット:10分
  • 前方のポールセット:10分

設営方法

動画が一番わかりやすいです。動画では紹介されてない気になったポイントを紹介します。

エントリーパックTTの袋

手前がテントで奥がタープ

ヴォールト中身

1、テントを袋から出します。

ヴォールトテント

2、テントを広げ、3本のポールを通しましょう。

うっちゃん
この時ですが、真ん中のポールは赤色のポールを使いましょう。前後はどっちのポールも一緒です。
ヴォールト設営 ヴォールトのポール差し込み

3、ポールを両端のピンに指しましょう!

ポールとピン部分にあるストラップが色分けされているので、中央に赤いポールさすことがわかると思います。スノーピークならではの親切設計ですね。

うっちゃん
結構ポールを曲げるのに力がいります。折れるんじゃないかと心配ですが、男性のぼくでもがっつり曲げて大丈夫だったので、女性の方は力がいるかもです。
ヴォールト設営 ヴォールトペグダウン

4、テントを立ち上げましょう!

入口側より2か所ペグダウン、あとは写真の通り緩みのないようペグを打っていきましょう。

ヴォールトロープ箇所 ヴォールトロープ張り出し ヴォールトロープ

5、ロープを張ります。

メーカーでは、写真のように自在の向きを変えていますが、ぼくは複雑なことが苦手なのでシンプルに同じ方向にもやい結びで留めました。

自在の向きが異なる理由:もしリング部分と同様のロープの取り付けを行うと、
自在を引いてロープの長さを調整した際に、力布とロープで摩擦が起こり、使用しているうちに力布が破ける可能性があるため。

また、ロープが2.5mと3mあるのですが束ねた状態だと見分けがつかない。広げればわかるのですが、何かロープの色分けなどあればよかったなと感じました。

ペグダウンさえしっかりしていれば、あまり神経質にならなくても大丈夫です。ロープの取り付けですが、3m部分に2.5mを取り付けても大丈夫です。

補足
以下写真のようにポールに巻き付けよう。テントはメインポールにスリーブが通っているだけの状態なので、このストラップを巻き付けることで強度を増すことができる。
ヴォールトフック スノーピークのヴォールト

6、はい、これでヴォールトの完成!

インナーテント設置

ヴォールトインナーテント ヴォールトインナーテント
インナーテントの設置は簡単。

ひとつポイントは、以下の写真のように一番下段のフックを止めるのに力がいるので、難しいようであれば一度ペグを抜いて調整しよう。

タープ設営について

スノーピークの動画4分45秒から詳しく説明があります。

後日時間があれば、タープの組み立ても紹介したいと思います。

まとめ

初心者  ★★★★★

家族   ★★★★★

コスト  ★★★★

見た目  ★★★★★

19/20点 うっちゃん評価

こんな人におすすめ

  • ファミリー4人くらい
  • これからキャンプを始めるかた
  • ひとと同じのは嫌だ
  • 流行を先取り
  • 長く使えるテント

総合的に見て、かなりおすすめのテントです。ぼくがこれからキャンプを始めようと考えているなら間違いなく選ぶテントです。4人家族くらいまでなら、エントリーパックTT、ヴォールトはおすすめ。

これからキャンプを始めようと考えている方は、この商品を視野に入れることをオススメします。といっても簡単に買うと失敗することが多々あるキャンプ。特にテントやタープは絶対に失敗したくないアイテムなので、レンタルがおすすめ。はじめての方や、気になってる方は、キャンプスマイルでレンタルしてみてね。

レンタル出来ますよ!

お得に購入したい方はこちら!

キャンプスマイルバナー
うっちゃん
ご訪問ありがとうございます!(o^―^o)よろしければいいね!コメントお待ちしております!
スノーピークのヴォールト

【ヴォールト・エントリーパックTTの使い方】さまざまな活躍があった!

2018年5月18日

 


エントリーパックTTの完成形

シェアしてもらえると喜びます!

うっちゃんがオーナーのレンタルショップ!

キャンプって楽しいですよね♪

テントやタープを設営してみんなが過ごす場所を作り、食べ物をその場で調理して食べる。普段の生活なら、便利なツールがありますが、キャンプのなかではひとつひとつ「生活」を作っていかないといけません。

いざキャンプを始めようと思っても道具は高いし、何をそろえていいのか分からない、片付けも面倒といったことから、あきらめている方が多いと思います。

忙しいお母さん、お父さんのために、キャンプを始めようとした時に、まずハードルになる道具についての心配と、保管やメンテナンスの面倒、レンタル品の不安を無くす。

そんな、キャンプに行く前からの不安、悩みを無くしたい思いもあり、この事業を始めました。キャンプに行くハードルを下げ、家族と一緒に素敵な時間を120%お楽しみください!

いつもの生活より少し手間はかかるけど、親も子ものびのび過ごし、キャンプを通して家族で素敵な時間を共有してもらうためのサポート役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

うっちゃんです。本名(宇都宮 岳尚)1983年生まれ。キャンプ用品レンタルショップ「キャンプスマイル」のオーナー。こどものころ、スイカの早食い少年として、志村けんより恐れられていた!持物:妻1人、子供2人。