うっちゃん
ししゃもは頭から食べる派のうっちゃんです!

どうも、ぼくです!

さて、前回はキャンプ場のロケーションを見ていきました。今回はデイキャンプと1泊2日のキャンプスケジュールについて考えてみましょう。

計画 ➡ 実行 ➡ 振り返り

何事にも、まずは計画から。余裕を持った計画が大事ですね。

そして、キャンプへGO!

最後は帰りの車の中、帰ってからの荷物の整理の時でもいいので振り返ろう!これは便利だった、次はああしよう!と振り返れば、さらにキャンプ生活が楽しくなる!

キャンプへ行く車

キャンプスケジュール

デイキャンプ

8:00 出発

慣れないうちはパッキングに時間がかかる。少なくても1時間はみておこう!

10:00 到着

渋滞や運転の疲労などを考えて、自宅から車で2時間以内のキャンプ場を選ぼう!

10:30 設営

タープを張って、チェアやテーブルを並べ、バーベキューコンロなどの料理の準備をしよう!

11:30 料理

準備が出来たら料理開始。慣れないうちは火をおこすのに時間がかかるかも。

12:30 食事

バーベキューを楽しもう!お酒は、運転があるので厳禁!

13:30 自由時間

ゆっくり自然を満喫しよう!キャンプ場の散策や釣りなどのアクティビティも楽しい!

15:00 撤収

食事の後片付けや、タープなどをたたむ。1時間はみておこう。

1泊2日のスケジュール

11:00:出発
慣れないうちはパッキングに時間がかかる。できれば前日のうちに大きな荷物は積み込みを済ませよう。少なくとも1時間はみておいたほうがいい。昼食は途中のインターや、コンビニなど手軽に済ませよう。

13:00:到着
チェックインは午後からというキャンプ場もあるが、なるべく早めの到着を心がけよう。

13:30:設営
チェックイン後、早速自分たちの基地を作ろう!みんなで協力してテントにタープを設営。

14:30:自由時間
設営が終わったら、キャンプ場を散策したりアウトドアアクティビティを楽しむのもヨシ!自由な時間を過ごそう。

16:00:夕食の準備
日没の2時間前には夕食の準備をはじめるようにしたい。夜の明かりはランタンやヘッドランプだけになるので、この時間までに大方済ませておこう。

18:00:夕食
キャンプファイヤーをしながら、空の下でするキャンプめしは格別!お酒と一緒に語り合おう。

22:00:就寝
きちんと食事尾後片付けをして、明日に備えよう。

▼2日目

7:00:起床
小鳥のさえずりと共に迎える朝はとてもさわやか。1日のうちで最も気持ちのいい時間。

8:00:朝食
アウトドアな雰囲気を感じながら、コーヒーを淹れ、サンドイッチなど簡単に済ませよう。

9:00:自由時間
撤収を先に済ませてしまい、帰路どこかによって行くというのでもよい。

14:00:撤収
あまり遅くならないうちに帰宅しよう。早めの撤収を心がけよう。帰りは温泉に寄るのもあり。

余裕をもったスケジュールをたてよう!

テントを張ったり、料理をしたり、火をおこしたり、キャンプではやることがたくさん。できればテントは事前に張る練習を、料理の下準備は自宅で済ませる。これだけで大きくスケージュールに余裕が出来る。キャンプ生活では、午前、午後、夕方とおよその予定を考えておいたほうが上手に時間を使える。

最初のうちは来る前の荷物の積み込みさえスムーズにいかないし、キャンプ場につくまでには渋滞などもあると考えておいたほうがいい。

借金も余裕を持った返済計画を立てよう!と自分自身に言い聞かせるぼくでした。

ポイント
キャンプでは、夜の明かりはランタンやヘッドライトだけになるので、あまり夜間に作業はしたくない。そこで、日没前には有職をはじめられるような計画をたてよう!
うっちゃん
ご訪問ありがとうございます!みなさまのアクションがブログ更新の励みになります(o^―^o)よろしければいいね!コメントお待ちしております!

 


キャンプへ行く車

シェアしてもらえると喜びます!

うっちゃんがオーナーのレンタルショップ!

キャンプって楽しいですよね♪

テントやタープを設営してみんなが過ごす場所を作り、食べ物をその場で調理して食べる。普段の生活なら、便利なツールがありますが、キャンプのなかではひとつひとつ「生活」を作っていかないといけません。

いざキャンプを始めようと思っても道具は高いし、何をそろえていいのか分からない、片付けも面倒といったことから、あきらめている方が多いと思います。

忙しいお母さん、お父さんのために、キャンプを始めようとした時に、まずハードルになる道具についての心配と、保管やメンテナンスの面倒、レンタル品の不安を無くす。

そんな、キャンプに行く前からの不安、悩みを無くしたい思いもあり、この事業を始めました。キャンプに行くハードルを下げ、家族と一緒に素敵な時間を120%お楽しみください!

いつもの生活より少し手間はかかるけど、親も子ものびのび過ごし、キャンプを通して家族で素敵な時間を共有してもらうためのサポート役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

うっちゃんです。本名(宇都宮 岳尚)1983年生まれ。キャンプ用品レンタルショップ「キャンプスマイル」のオーナー。こどものころ、スイカの早食い少年として、志村けんより恐れられていた!持物:妻1人、子供2人。